高級賃貸マンション特集【東京版】

東京都心には、立地・住空間・ブランドといったあらゆる要素において一流と呼べる、高級賃貸物件があります。このサイトでは、そんな家賃が50万円以上の高級マンションをはじめ、200万円を超えるプレミアム賃貸まで、ハイグレードな物件に特化した情報や選び方をリサーチしてまとめました。

上質な高級賃貸・マンション物件は優れた不動産会社にあり

高級賃貸を探すにあたって、良い物件が見つかるかどうかは不動産会社次第とも言えます。ここではノウハウとサービス面で信頼できるプロフェショナルのみを厳選調査しました。本当に価値のある物件を見つけるためにお役立てください。

高級賃貸専門のおすすめ不動産会社5選を見る

高級賃貸マンションの取り扱い物件紹介

青山パークタワー

青山パークタワー

間取り 1LDK~3LDK+WIC+TR
面積 53.40m2~234.49m2
家賃 340,000円~1,800,000円

※時期によって上記の条件は変わりますので詳しくは公式HPをご覧ください。

もっと物件の内装写真や詳細情報をみる

パークコート赤坂檜町ザ・タワー

パークコート赤坂檜町ザ・タワー

間取り 1LDK+SIC~3LDK+WIC+SIC
面積 35.70m2~125.79m2
家賃 250,000円~1,500,000円

※時期によって上記の条件は変わりますので詳しくは公式HPをご覧ください。

もっと物件の内装写真や詳細情報をみる

元麻布ヒルズフォレストタワー

元麻布ヒルズフォレストタワー

間取り 1LDK+SIC~3LDK+TR
面積 107.47m2~184.59m2
家賃 900,000円~1,600,000円

※時期によって上記の条件は変わりますので詳しくは公式HPをご覧ください。

もっと物件の内装写真や詳細情報をみる

ザ・パークハビオ恵比寿プレイス

ザ・パークハビオ恵比寿プレイス

間取り 1R+WIC
面積 28.32m2
家賃 165,000円

※時期によって上記の条件は変わりますので詳しくは公式HPをご覧ください。

もっと物件の内装写真や詳細情報をみる

パークアクシス日本橋浜町レジデンス

パークアクシス日本橋浜町レジデンス

間取り 1LDK+SIC~3LD
面積 40.87m2~60.51m2
家賃 167,000円~279,000円

※時期によって上記の条件は変わりますので詳しくは公式HPをご覧ください。

もっと物件の内装写真や詳細情報をみる

高級賃貸マンションの条件とは?

東京都心の高級賃貸マンションが、その他のマンションと一線を画す理由。ここでは、その条件として3点を挙げています。

高級賃貸マンションの条件(1)~一流の立地であること~

都心の高級住宅街は、古くは江戸時代からお屋敷街として知られてきた土地がほとんど。そこには選ばれた人だけが住まいを構えてきた歴史があり、利便性・住環境の双方において一流と呼べるものがあります。そんな歴史ある住宅街に佇む高級賃貸のほか、近年人気のベイエリアに位置する高級マンションなどについて、エリアの特徴をふまえ紹介します。

六本木・赤坂・麻布 白金・高輪 広尾・恵比寿・代官山
時代とともに磨かれる洗練さと、揺るぎないステータス
六本木・赤坂・麻布のイメージ画像 六本木・赤坂・麻布の
特集へ
緑豊かで快適な暮らしに、成熟したカルチャーが交差
白金・高輪のイメージ画像 白金・高輪の
特集へ
かつて華族に好まれた歴史と伝統あるハイソサエティの街
広尾・恵比寿・代官山のイメージ画像 広尾・恵比寿・代官山の
特集へ
渋谷・松濤 四谷・番町 東京ベイエリア
利便性と洗練された雰囲気が同居した有数の高級住宅街
渋谷・松濤のイメージ画像 渋谷・松濤の
特集へ
各国大使館が点在し、邸宅街とホテルライクな高層住宅が同居
四谷・番町のイメージ画像 四谷・番町の
特集へ
極上のオーシャンビューを臨める人気のベイエリアを調査
東京ベイエリアのイメージ画像 東京ベイエリアの
特集へ

高級賃貸マンションの条件(2)~洗練された住空間・設備があること~

タワーマンション
自宅から贅沢な眺めを楽しむことのできるタワーマンション。都心部や臨海エリアを中心に建設されていて、その高さから眺望の良さが最大の特徴です。非日常を味わうことができ、解放感もあります。
デザイナーズマンション
建築家の芸術性が活かされたデザイナーズマンション。高級感や美しさを追求していて、なかには住みづらいマンションもありますが、最近は機能性を重視している物件も増えてきています。
低層マンション
タワーマンションのようなインパクトはありませんが、低層マンションならではの魅力があります。第一種低層住居専用地域に建てられているので、静かな環境でゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめです。
分譲賃貸
分譲賃貸とは、「分譲マンションを賃貸に出した物件」です。長く住んでもらうことを想定して建てられた物件なので、設備、構造、防音効果などがハイグレード仕様となっています。
フィットネスジム・プール付き
マンション内にフィットネスジムやプールがあれば、仕事やプライベートが忙しくても空き時間を利用して体を動かすことができます。マンションの住人だけが利用できるのも安心できるポイントのひとつです。
エグゼクティブ・VIP向け
外資系エリートビジネスマン、医師、弁護士など、ビジネスで成功している方々へ向けて建てられたマンションです。設備、利便性、セキュリティ、言語サービス、生活サポートなど充実しています。

高級賃貸マンションは、住空間が洗練されている点でも、ほかを圧倒します。建具や内装、デザインは細部に至るまでクオリティが高いほか、間取りにもゆとりがあるので、ストレスを感じることはなく、ゆったりとくつろげるのです。

もちろん、優れているのは住空間だけではありません。都心の夜景を臨む眺望や、有名デザイナーによるこだわりの設計フィットネスジム・プールなど、高級賃貸マンションでしか得られない付加価値も魅力です。そんな高い付加価値を持った高級マンションについて、テーマ別に紹介しています。

【テーマ別】東京の高級賃貸・マンションセレクションを見る

高級賃貸マンションの条件(3)~格式あるブランドであること~

外国人向けにつくられた高級賃貸「第一マンションズ」や、近年では群を抜いた知名度を誇る「ヒルズレジデンス」など、ブランドマンションは暮らしのステータスを示す象徴であり、しばしばエリアのシンボルでもあります。

揺るぎない信頼を誇るブランドマンションなら、望まれる上質な暮らしが約束されるといっても過言ではないでしょう。ここでは国内の大手ディベロッパーが手がける、高級ブランドシリーズのみを厳選して紹介します。

東京の高級マンションシリーズを見る

不動産投資対象としても注目される東京の高級賃貸マンション

東京都心の高級賃貸は、国内外の投資家から熱い視線を浴びる、不動産業界で最注目の物件でもあります。2020年東京オリンピックを控え、不動産価格はさらに上昇する可能性を秘めています。グレードの高い住まいを求める外国人居住者が多いため、高級マンションへの投資は非常に魅力となっています。

そこで、住まいを借りるだけでなく、貸すことも検討される人のために、投資対象として価値の高いマンション情報をはじめ、不動産投資に関する情報もまとめてみました。合わせて一読ください。

投資用物件として注目の高級不動産情報を見る

高級賃貸に住むことのメリット

高級賃貸を借りる人はさまざまですが、なかでも多いのが経営者や役員です。目的もそれぞれ違っていて、自宅だったり、セカンドハウスだったりします。賃貸物件を利用するのは、経費計上できるという利点があるのも理由のひとつでしょう。

分譲マンションは、管理組合に入らないといけません。そうなると、組合の会合に出席したり、役員や理事に選ばれたりしてしまい、時間を拘束されてしまう可能性もあります。しかし、高級賃貸なら所有者ではないので組合は関係なくなるため、時間を拘束される心配もありません。仕事やプライベートで忙しいエグゼクティブな人にとっては、大きなメリットです。

また、高級賃貸は周りの住人も高額な家賃を払えるだけの経済力がある人たちばかりです。仕事で成功している現役ビジネスマンが多く暮らしているので、マンションに活気があります。しかし、分譲マンションだとそうもいきません。購入直後は良いのですが、10~20年後の予測は不可能です。管理費、修繕費などが回収できなくなり、売却せざるをえなくなって、空室ばかりになる可能性も。そういうリスクを減らすためにも、高級賃貸がおすすめです。

高級賃貸のセキュリティ

空き巣被害を他人事のように思っていませんか?
実は、1日あたり平均130件もの住宅に泥棒の事件が起きているのです。その中でも一番多いのが、「空き巣」。なんと泥棒の3分の1の割合を占めています。
その点、高級賃貸はセキュリティ対策をしっかりとしているので、安心できるといえるでしょう。では、どういう対策をしているかをご紹介します。

・キーロック以外の防犯サービス
一般的なマンションのような、オートロック、ダブルロック、ディンプルキーなどの他に、非常に高性能な防犯カメラが設置されていて、万が一のことが起こった場合には、24時間体制の警備会社に連絡が入ります。しかし、不測の事態が発生してから警備員が駆けつけても遅いという考えも。

・コンシェルジュトータルセキュリティシステム
不審者を中に入れてしまうことがないようコンシェルジュが常駐しているマンションもあります。訪問者対応の例を見てみましょう。

  • フロントでコンシェルジュが訪問者対応
  • コンシェルジュから訪問先の住人へ連絡
  • 住人は映像で訪問者を確認
  • 確認がとれたらセキュリティカードを訪問者へ渡す
  • セキュリティカードを使ってエレベータに乗せ、訪問先の階以外では停止させない

上記のようなセキュリティシステムを導入しているマンションもあります。その分家賃は高くなりますが、確実なセキュリティ対策です。

高級マンションに住むなら部屋だけではなく駐車場の種類も確認しよう

高級マンションは不動産投資の対象となるくらい快適で便利ですが、車のオーナーが駐車場の確保に頭を悩ますケースが多くあります。

特に東京23区などのように駐車場の確保が難しいエリアでは、土地の有効活用の観点から様々な形態の駐車場が設置されており、どのタイプが利用できるのが確認しておく必要があるでしょう。

ここでは駐車場の各タイプの特徴をまとめていきますので参考にしてください。

平置き式駐車場の特徴

平面駐車場とも呼ばれ、地上に設置されている駐車場のことです。地上に設置されていますので、最もシンプルで乗り降りの負担が少ないのが特徴。屋根が付いているケースもありますが、多くの場合は青空駐車のスタイルとなります。

また車道と同じ高さの地面に駐車しますので、発信から車道に出るまでの操作もスムーズで時間もかからず便利です。機械式の駐車場と比較しても、待ち時間が最小ですみます。

さらに駐車可能な車両の制限(高さなど)も緩やかで、ほとんどの車種が問題なく駐車できるのもメリットです。平置き式は使い勝手が良く大変人気がある駐車場であると言って良いでしょう。

ただし駐車スペースには限りがありますので、賃貸マンションなどの集合住宅では入居者のうち駐車が必要な戸数分全ての駐車場を用意できず抽選となるケースも多くあります。

特に東京23区で平置き駐車場を見つけるのは、たいへん困難であると言えるでしょう。もし確保できたとしても人気のある駐車場ですので、月あたりの料金も高めになります。

立体自走式駐車場の特徴

郊外にあるホームセンターやマンション等で、たくさんの駐車スペースを確保するために、上方向に平面上の駐車スペースを層状に重ねて設置したものです。

上下のスペースはスロープと呼ばれる上り坂を使って車が自ら移動する自走式タイプと、機械を使って車を移動させる二つのタイプがあり、両者を総称して立体駐車場と表現する場合もあります。

都心のマンションなどで駐車スペースが不足するケースであっても、必要な駐車台数を確保できるのがメリットです。このうち立体自走式駐車場は、機械式と比べてスペースが広めに設定されているため、車の出し入れが容易です。

また下の階は屋根付きとなり、直射日光や雨風を凌ぐことができるのがメリットです。しかしその一方で、上下の移動はスロープと呼ばれる上り坂を使って移動しますので、各階を上下する手間がかかる点がデメリットとなります。

また建設費用がかかったり、定期的なメンテナンスが必要となったりしますので、それだけのコストが利用料金に跳ね返ります。

機械式駐車場の特徴

機械式駐車場は立体駐車場のスタイルの一つであり、限られた駐車スペースを有効に活用できる点で有用です。マンションや繁華街など平置き型の駐車場を設置できない環境で、必要台数分の駐車スペースが確保できます。

パレットと呼ばれる上下二段もしくは三段のスペースに車を収納して、これを機械的に移動させるものです。呼び出しをして出入り口となるスペースに車を移動してもらった後に、出庫するといった手続きが必要となります。

その結果、都心部のマンションなど狭い駐車スペースであたても多くの駐車出し数を確保できるため採用される機会が多いスタイルです。 機械式駐車場のメリットは、セキュリティ面で優れていることや、駐車料金が安くすむことです。

すなわち外部からは見えない場所に収納されますので、車上あらしやイタズラの被害に遭いにくいと言えますし、タワー型であれば単位面積あたりの駐車台数が多くなりますので、相対的に料金を安くできます。

高級マンションに常駐するコンシェルジュの主なサービス

高級マンションにはコンシュルジュサービスが付いてくる場合があります。マンションの購入の条件になるか否かは、個々人の判断に依存しますが、あると便利なサービスと言えます。

マンションに常住してサービスを提供する言わば管理人のような存在ですから、付随する費用は管理費に含まれることになりますので、どんなものなのかあらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

共用スペースや施設の予約受付サービス

コンシェルジュの基本的なサービスとして、マンション内に設備されている共用スペースや施設の予約受けがあります。ゲストハウスやスポーツジムなど特定目的の設備やスペースは管理上、予約が必要になる場合もあり、これをコンシェルジュが一手に引き受けて管理してくれるサービスです。

例えば、外部からの知人の来訪や特別なイベント(誕生日会やパーティなど)向けに、ゲストハウスの利用が便利ですが、コンシェルジュに相談して予約受付をしてもらう等、入居者向けのサポートをしてくれるサービスです。

もちろん入居者自身でも予約できますので、費用に見合ったサービスなのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。ふだんあまり使わない方からすると経費の無駄遣いと感じるからです。

しかし、一人暮らしの高齢者の代理や忙しい方むけに、かゆいところに手が届くきめ細かいサービスとして感じることもあるでしょう。

高額なマンションであれば、費用対効果といった観点以外にコンシェルジュが常駐していることをステータスの一部と感じ快適な生活をする上で有用とするケースもあります。

したがって提供されるサービスが自分たちの生活に役立つのか、個々の価値観に合致するのか一考が必要でしょう。

郵便物などの荷物を預かってくれるサービス

高級マンションのコンシェルジュのサービスの一つに郵便物や宅配便の受付を代行してくれるものがあります。

常駐していますので、不在票が投函されしまうことがありませんし、防犯効果もあり安心感があるのが特徴です。

不在時の対応が便利

よくあるケースでは、受け取りの際にサインが必要な宅配便などでは不在時に持ち帰りとなり、後に連絡した上で再配達となってしまうケースです。

常駐サービスですので不在となることがなく、確実に荷物の受け取りを代理してくれるのは便利ですね。

また、配達業者が来るたびにいちいちエントランスに出向いて対応する必要がなく楽です。これなら仕事などが忙しくて不在になりがちな方や、身体が不自由な方および高齢者に向いているサービスと言っても良いのではないでしょうか。

またコンシェルジュがいることが安心感になりますし、高級マンションに入居した恩恵を感じる機会となるでしょう。

プライバシー保護にもなる

一般のマンション、アパートなどにある郵便、宅配ボックスが不要となりますので、配達物の盗難防止やプライバシー保護になるメリットもあります。

昨今ではネット通販が盛んになり配達物を受け取る機会が増えており、時代にマッチしており利用価値のある便利なサービスです。

タクシーやハイヤー手配のサービス

コンシェルジュが対応する業務は幅広く、入居者の要望に応えるサービスである側面が強く一般の管理人とは役割が異なっています。外出の際やお客様を送り出す際に、タクシーやハイヤーの手配をしてくれるサービスもその一つです。

人によってはサービスが不要と感じる人も

このサービスも他のサービスと同様に、個々人にとって必要なものか判断が分かれるところです。もちろん自分で電話するなどしてタクシーを手配したり、外出の途中で空き車を拾ったりすることも可能ですので、コンシェルジュに代行してもらうまでもないという方もいるかもしれません。

そのような方にとっては、コンシェルジュにかかる費用が無駄と感じるケースもあるでしょう。費用対効果が気になる若い世代の方に多く見られる傾向があります。コンシェルジュとのやり取りが鬱陶しいと感じる場合もある模様です。

サービスを利用することで快適な生活ができる

高級マンションに住む方のステータスといった観点から見れば、来客時にコンシェルジュがハイヤーを手配してくれるので高級感があります。高齢者や一人暮らしの方にとっては、頼み慣れたコンシェルジュを利用したい方もいるでしょう。

年配の方にとっては、人のふれあいや便利さを重視する傾向がありますので、コンシェルジュサービス肯定派が多くいます。

借りるという選択肢が優れている5つのポイント

住宅には、「買う」という選択肢もあれば、「借りる」という選択肢もあります。どちらが優れているのかは場所によっても違いますし、物件によっても違います。また、その人の経済状況などによっても変わってくるため、一概には言えません。

しかしそれでも、最近は「借りる」という選択肢の方が優れているのではないかと考える人が増えてきています。もちろん、それには理由があります。代表的な五つの理由をまとめてみましたので、軽くでもいいのでチェックしておきましょう。

将来的に自分がどちらの選択をするかで迷ったときには、大いに参考になるはずです。簡単に言えば、「借りる」という選択肢が抱えるメリットの方が、時代に合っているということです。

1.飽きたら引っ越せる

住宅を購入してしまうと、基本的には一生涯その家に住み続けなければいけません。これは、一部の人たちにとっては大きなデメリットとなります。家に縛られてしまうので、引越しをすることも難しくなります。引越しができないとなると、仕事を変更することも難しくなるわけです。新しいことにもチャレンジしにくくなるのは、人によっては甘受できないレベルのデメリットとなることでしょう。

借りるという選択肢の場合は、こうしたデメリットはあまり気にする必要がありません。なぜなら、基本的に賃貸契約は二年ごとに更新をするものだからです。飽きたなと思ったときには、契約を更新しなければいいだけの話です。契約終了時に退去して、また新しく別の部屋を借りれば、新鮮な気持ちで生活を再スタートさせられます。

賃貸生活なら、転職や転勤が多くなってもほとんど問題はありません。恋愛や結婚もしやすくなるでしょう。場合によっては二年以内に引越しをすることもできるので、フットワークは軽くなります。

2.維持管理を任せられる

持ち家の場合は、建物の維持管理まですべて自分で行わなければいけません。日常的な清掃はもちろん、災害などで建物に損壊があった場合には大きなコストをかけて修繕をする必要も出てきます。

予想外の出費を迫られてしまうのは大きなデメリットの一つでしょう。また、建物の維持管理を自分でするのは単純に面倒なことでもあります。防犯対策等もすべて自分で行っていく必要があります。

では、賃貸物件に住んでいる場合ならどうなるのでしょうか。実は賃貸生活を送っている場合なら、建物の維持管理は最低限で済ませられます。災害で建物が損壊しても、自分で修繕をする必要はありません。貸し手の側に修繕の義務が発生するので自分は何もする必要がないのです。

修繕にかかった費用も一切負担する必要はありません。貸し手の側に常に住み心地のいい環境を整える義務があるので、自分に責任がないなら一円も出す必要はないのです。予想外の出費を迫られることがないので、借りるという選択肢は優れています。

3.税金の支払い義務が発生しない

不動産を所有していると、各種税金の支払い義務が発生します。不動産を取得した際には、不動産取得税を支払わなければいけません。また、毎年一月一日には固定資産税も発生します。その他にも、細々と税金はかかってきます。

もちろん、これらの税金もすべて自分で支払っていかなければいけません。所有者が自分なので、原則として他の誰にも頼ることはできないのです。税金は住宅ローンとは別に支払う必要があるので、無視できないレベルの負担になることでしょう。

賃貸物件に住んでいる場合は、そうした税金は一切かかりません。その不動産の所有者が自分ではないからです。税金の支払い義務は貸し手の側にあるので、自分は定められた家賃や管理費等を支払うだけで問題はないのです。

それゆえ、税金関係の処理に頭を悩ませる必要もなくなります。お金の計算がシンプルになるのは大きなメリットの一つでしょう。賃貸生活をしているなら、確定申告の際にも複雑な処理をしなくて済みます。

4.ローンを組まなくて済む

不動産を新築で購入する場合は、数千万円の予算が必要になります。多くの人はそれだけの現金を用意することができません。そのため、通常は住宅ローンの設定をすることとなります。ローンを抱えて生活をしていくのは大変ですし、フリーランスで働く人は、そもそもローンの審査に合格できない可能性も出てきます。家を「買う」という選択肢を選ぶときには、住宅ローンの問題が立ちはだかることが多いです。

しかし賃貸なら、住宅ローンの問題は一切気にする必要がありません。ローンを組まなくても、月々の家賃を支払ってさえいれば、それで十分だからです。借金をする必要がないということからも分かる通りに、精神的な負担は非常に軽めです。フリーランスの人はもちろん、アルバイト生活をしていても、賃貸なら問題は発生しません。学生の人でも快適な生活を送っていけます。

ローンを組んでいると、簡単に仕事を辞めることもできなくなります。収入が途絶えてしまうと支払いが滞り、最終的には不動産を差し押さえられることとなるからです。

5.物件の価格変動を気にしなくて済む

不動産を購入してしまうと、どうしても現在の価値というものが気になってしまいます。土地は景気によって値段が上下しますし、建物は月日が経つにつれて評価額を減らしていきます。物件の価格変動が気になって、ストレスを感じる人が多いのも事実です。

「借りる」という選択肢を選んでさえいれば、そうしたストレスとは無縁でいられます。たとえ物件の価格変動があったとしても、直接自分には関係のないことだからです。不動産市況を気にする必要もありませんし、ストレスフリーな生活を送っていけます。

自分の資産が目減りしていくのは嫌なものですが、不動産を所有していなければ、資産の目減りは防げます。これはリスクを減らせるということと同義なので、最近は「余計な不動産は所有しない」というのが考え方としては主流になりつつあります。不動産投資はREITなどを使えば低リスクでできますから、わざわざ自分で不動産を所有しなくてもいいと考える人が増えてきているのです。

高級マンションを購入するのと借りるのどっちがお得?

東京には超高級マンションも多数存在していますが、これは買うのと借りるのとでどちらがお得なのでしょうか。

タワーマンションの最上階のような素晴らしい部屋なら、買った方がお得かもしれません。なぜなら、借りるにしても月々数百万という巨額の費用がかかるからです。

これだけの出費は、自分たちが住むだけで回収をすることは困難です。購入してしまえば、その部屋の使い道を問われることはありません。賃貸の場合は、他人に貸し出すと「又貸し」になってしまうので、契約を解除されてしまう恐れもあります。しかし、所有権を移転してもらっておけば、その部屋を収益物件として使うこともできるようになります。他人に貸し出して家賃収入を得るということもできるようになるので、投資した費用も将来的には完全回収できる可能性が出てきます。

質の高いマンションなら、購入するという選択肢も検討に値します。

増えている賃貸利用者、持ち家との比率は?

全国的なデータでは、持ち家を選択する人は六割ほどで、賃貸で済ませる人は四割ほどとなっています。持ち家と言っても、一戸建てとは限りません。都市部ではマンションの一室を購入するケースが多いです。また、新築であるか中古であるかも問いません。リーズナブルに済ませたい人は、中古マンションを購入して家賃を浮かせるケースもあります。

ただし、最近は都市部を中心に、賃貸利用者が増加傾向にあります。昔は「持ち家信仰」というものが日本にもあったのですが、最近はそうした信仰も薄れてきているからでしょう。

特に東京のような地価が高騰している場所では、そもそも持ち家が高すぎて選択肢に入ってこないことも多いです。若い人たちの間では、賃貸の快適性や利便性、責任の軽さやリーズナブルさの方が注目されています。余計なリスクを抱え込みたくないという意識も働いているのかもしれません。

友人・知人をたくさん呼びたいなら「ゲストルーム」がある物件がおすすめ

マンションの間取りは基本的に、6畳程度の個室が幾つかとキッチン、及びダイニングとリビングで構成されています。しかしこれでは、例えば大勢の友達を呼んでパーティーがしたい時には少し不自由です。リビングやダイニングはたとえ広くても、テレビやソファーなどが既に置かれているとパーティーの時には邪魔です。だからといっていちいち動かすのも面倒です。

そこで、人をたくさん呼びたいならリビングやダイニングと別にゲストルームという部屋のついている物件を選びましょう。ゲストルームとはかなり広めの部屋で、玄関と近い位置に作られます。普段はパーティー用のたくさんの机や椅子を収納してもスペースが余るので、日曜大工などの部屋として使うこともでき、パーティーの時のみ机や椅子を並べて少量の私物を片付ければ良いので楽です。

ゲストルームは、友人に泊まってもらう時にも大いに活躍します。友達を呼んで家に泊める時、寝室にベッドが余っていなければリビングの床やソファーで寝てもらうという心苦しい思いをすることになります。しかしゲストルームがあれば、そこに人数分布団を敷いて自分も友達もそこで寝るという事が可能です。ゲストルームはだいたい10畳以上の広さで作られているので、例え10人でも泊まれます。

ゲストルームがある家は、ほとんどが一軒家ですが、高級マンションの中にはゲストルームのある部屋もあります。そのため東京の高層マンションを調べてみると見つけやすいです。

夜景の綺麗なところに住みたいならココ!

部屋の窓から見える夜景が綺麗だと、豪華なホテルに泊まっているような感覚がして幸せになります。夜景を見ながらワインを飲む、なんてロマンチックな楽しみを味わいながら、綺麗な夜景が見えることは魅力的です。綺麗な夜景を見るためには、三つの要素が揃った物件を見つけましょう。

一つ目は、都会という立地です。綺麗な夜景は、夜も消えない街の灯りが集まって作られるものなので、郊外よりも都会の方が夜景は綺麗です。

二つ目は、なるべく高い位置にあるということです。夜景の醍醐味は、上から街を見下ろすことにあり、一階から夜の街を眺めるよりも高層マンションの上の階から眺めた方が綺麗さも増します。綺麗な夜景が見たいなら、都会の高層マンションのなるべく上の階を買った方が良いということです。

三つ目は、窓の向きと大きさです。せっかく高層マンションの上の階に家を購入しても、夜景の綺麗な方面に窓が向いていないのでは論外です。これは実際に住宅展示に出向き、買いたい部屋から景色を確認しましょう。また窓は大きさも大事です。小さい窓や開閉式の窓は、サッシや窓枠が景色の邪魔になってしまうこともあります。理想は、はめ殺しの大きい窓やガラス張りです。

東京に多い高級マンションのデザインは「モダンスタンダード」

モダンスタンダードは、高級マンションのデザインや高級マンション不動産投資を行っている会社で、東京都心を中心に営業を展開しています。東京都心の高級マンションはほとんどモダンスタンダードがデザインしたと言っても過言ではありません。

モダンスタンダードは、2009年に創業した会社で、最初は青山店から始まりましたが、今では4店舗に増加しています。初めから高級マンションの不動産投資というスタンスを貫いていて、着実に業績を上げています。この高級マンション不動産投資とは、高級マンションを会社が所有して、それを利用者に貸すことで賃貸料の利益を得ているということです。

東京の高級マンションを借りたい時は、モダンスタンダードで検索するのがベストです。モダンスタンダードは東京の高級マンションのみに絞って運営している分、東京の高級マンションにはどのサイトよりも詳しく、多くの物件情報を取り扱っています。また例えばパーティーを開くためのゲストルームが欲しい、夜景の綺麗なところがいいといった細かい要求があるなら、モダンスタンダードにお問い合わせをしましょう。お問い合わせをすることで、不動産の基本情報だけでは分からない情報を得られ、物件に迷っている時により良い物件をおすすめしてくれます。モダンスタンダードの職員は扱っている物件に精通しており、ユーザーのニーズに最大限応えてくれます。綺麗な夜景という難しい要求にもしっかり応えてくれるでしょう。

高級マンションで気になる!Q&A

高級マンションに関する質問で一番多いのは、相場がいくらくらいかという質問です。高級マンションの部屋を購入する場合、相場は約1億円で、借りる場合は一月20万円程度が相場です。この値段は階が高い方が高くなる傾向にあり、高層マンションの最上階は2億円することもざらです。

高級賃貸マンションってペットは飼えるの?

高級マンションは騒音や衛生にうるさく、ペットは飼えないようなイメージもありますが、ペットを飼っても良い高級マンションもあります。むしろ高級マンションには庭が併設されているため、散歩に行きやすく、犬が飼いやすい環境です。中にはドッグランが併設されている高級マンションもあります。

高級マンションで飼うのに適したペットは、オウムなどの鳥類やハムスターなどの小動物類です。これらの動物に共通する利点は、部屋を汚したり傷つけたりしないことです。高級マンションは特に賃貸で住んでいる場合、返す時に修理して元の状態に復元しなければなりませんが、修理費が非常に高くついてしまいます。そのため猫などを飼うと、壁紙に爪を立ててボロボロになったりし、大きな損害が出てしまいます。その点鳥類や小動物類は、飼育かごに入れておけばどこかに逃げたり機材を壊したりすることがないので安心です。特に小動物類は、周りへの騒音にもならないので高級マンションでの飼育に向いています。

高級賃貸マンションを借りる人はどんな職業の人が多い?

高級マンションの家賃は、月々30万円を超えるところも多く、並のサラリーマンでは年収を全て家賃に回しても足りないくらいのお金がかかります。年に換算すると約350万円必要になるということを考えると、年収1000万円を優に超えるくらいの家庭でないと高級マンションを借りられません。例を挙げると、弁護士や会社の社長などがよく高級マンションの賃貸を利用しています。他には、プロのスポーツ選手も高級マンションに住んでいる方が多いです。

高い家賃を払ってまで高級マンションに住む理由は、セキュリティ面にもあります。高級マンションは外観や設備だけでなく、セキュリティにもお金をかけており、高級マンションに住んでいれば泥棒や空き巣の可能性は非常に低くなります。そのため例えば遠征などで長期間家を空けやすいプロ野球選手は、お金にも余裕があるので、高級マンションに住む傾向があります。まとめると、高級マンションの住人は収入の桁が一般人とは異なります。

高級マンションを退去するときに支払う費用はどれくらい?

マンションを退去する際は、現状復帰をしなければならず、現状復帰のための費用は元の住人がすべて支払わなければならないことになっています。すると最低でもクリーニング費用は支払わなければなりません。クリーニング業者の相場は、1畳あたり1000円程度なので、100畳を超えるような高級マンションではクリーニング代に10万円かかることもあります。

他によく請求される金額には、壁紙代があります。タバコを吸ったり物をぶつけたりすると、壁紙が汚くなってしまうので張替えが必要です。壁紙は一箇所だけ変えると非常に見栄えが悪くなるため、たとえ1箇所しか傷つけていなくても全て張り替えることになります。高級マンションに相応な壁紙を、全部屋分張り替えるとなると、これも10万円程度になります。

こうした費用は、まず敷金から賄われます。敷金とは万が一家賃を払い続けられなくなった時に補填するためのお金です。敷金から修理費を除いた金額が手元に戻ってくるので、修理費が高くつくとはいえ損をした気分にはなりません。

【東京版】高級賃貸専門のおすすめ不動産会社比較ガイド

優れた高級賃貸を探しだすには、共に探してくれる高級物件のエキスパートが必要です。人気のエリア・洗練された住空間・ブランドなどの要望に対して、幅広い知識で対応してくれるおすすめの不動産会社を紹介します。

アエラス.GR

会社名 株式会社アエラス.GR
住所 東京都豊島区東池袋1-20-2 池袋ホワイトハウスビル6階
特徴 アエラス.GRは閑静な高級住宅街・高級賃貸マンションなどが多い、人気の豊島区・中央区・文京区エリアがメイン。
仲介手数料0~50%で紹介してくれます。さらに、他社物件でも仲介手数料は変わりません。

アエラス.GRの詳細はこちら

エーアイアール

会社名 株式会社エーアイアール
住所 東京都品川区東五反田1-10-7 アイオス五反田1002号
特徴 23区の中でも人気が高く、住みたい街ランキング上位の港区エリアの物件を多く扱うエーアイアール。超高級賃貸が検索できるWEBサービスでは、ワンランク上の暮らしには欠かせない、プールやジム付きなどのキーワードも調べられます。

エーアイアールの詳細はこちら

クルーレイズ

会社名 株式会社クルーレイズ
住所 東京都港区赤坂4-1-32赤坂ビル1F
特徴 高級賃貸専門のクルーレイズが取り扱うのは、人気の高い麻布・青山・赤坂エリアの超高級物件だけ。
200万円超えのプレミアム物件や、有名デザイナーによるプレミアムマンションなど、厳選された物件を取り揃えています。

クルーレイズの詳細はこちら

ケン・コーポレーション

会社名 株式会社 ケン・コーポレーション
住所 東京都港区西麻布1-2-7
特徴 40年の実績をもつケン・コーポレーション。六本木を専門に、東京中心部の高級賃貸住宅に限定した仲介サービスで、ライフスタイルの多様化にも幅広く対応しています。ルーフバルコニー付きや賃貸100万円以上など、取り扱う物件も豊富です。

ケン・コーポレーションの詳細はこちら

住友不動産販売

会社名 住友不動産販売株式会社
住所 東京都新宿区西新宿2-4-1
特徴 品川・渋谷・六本木・新宿エリアなどの都心から全国各地に店舗がある、不動産業界トップクラスの住友不動産販売。
自社グループの高級賃貸マンションは、仲介手数料がかからないのが魅力です。

住友不動産販売の詳細はこちら

ノースエステート

会社名 株式会社ノースエステート
住所 東京都渋谷区恵比寿南2-1-8
特徴 拠点が恵比寿にあるノースエステートは、港区・渋谷区など都心エリアを取り扱っています。高級賃貸マンションの仲介専門で、大手不動産会社が分譲しているブランドマンションが根強い人気です。

ノースエステートの詳細はこちら

モダンスタンダード

会社名 株式会社 Modern Standard
住所 東京都港区南青山4-9-1
シンプル青山ビル2F
特徴 モダンスタンダードは青山・銀座・新宿エリアなどのマンション情報が盛りだくさん。デザイナーズやハイクオリティマンションなどの、高級賃貸マンションを専門に扱っています。また、物件探しのスピードにもこだわり、忙しい方へのサポートも充実。

モダンスタンダードの詳細はこちら

ルーム・スタイル

会社名 株式会社ルーム・スタイル
住所 東京都渋谷区渋谷3-17-2
清澤ビル4F
特徴 高級物件の多い渋谷区・港区・品川区・目黒区や、港区から少し外れた住環境に優れたエリアなど、東京23区南部ならルーム・スタイル。子どもの通学に便利な学区ごとに、高級賃貸を探せる検索サービス「高級賃貸.COM」が好評です。

ルーム・スタイルの詳細はこちら

レジデントファースト

会社名 レジデントファースト株式会社
住所 東京都港区赤坂8-4-14
特徴 レジデントファーストは青山・赤坂エリアのマンション情報がふんだんにあります。自社や大手不動産会社の限定物件が魅力。免震・制震構造の物件やタワーマンションなど、数多く取り扱っています。

レジデントファーストの詳細はこちら

高級賃貸マンションに暮らす方々の口コミ

東京を中心に人口密集地帯にある高級マンションは、借り手も多く不動産投資の対象としても価値が高いのが特徴です。キャピタルゲインとインカムゲインの両方が期待でき、より効率的な資産の運用ができます。

また、貸す方だけではなく借りる方にもメリットが多く、需要と供給のバランスが取れた市場といえるでしょう。では、実際に高級賃貸マンションに暮らす人々はどのように感じているのか、いくつかの口コミをご紹介しましょう。

賃貸と購入ですごく迷いました【会社員50代】

一戸建てに住んでいたのですが、町内会などの近所付き合いが煩わしかったのと、庭の手入れなど、面倒なことが多かったのでマンションに移り住むことに決めました。賃貸と購入ですごく迷いましたが、最終的に賃貸に決めました。

購入すれば資産として残りますが、あと数年すれば子供達も独立して家を離れるので、夫婦二人になった時、賃貸の方が身軽に住み替えができると思ったからです。

また、この年からローンを組むのもあまり気が進まなかったので、賃貸にして正解でした。ファミリー用の高級賃貸マンションですが、最新設備が整い快適に暮らせるうえ、間取りなども住みやすく作られています。煩わしいことが何もなく、家族全員がこの環境を気に入っています。

決め手は見晴らしの良さですね!【自営業30代】

家族が増え、今まで住んでいた家が手狭になったため、都内の賃貸高級マンションに住み変えました。60階建ての高層マンションの50階なので、見晴らしがよく一目で気に入りました。

昼間は開放感があり、夜は夜景が美しく、心の底から寛ぐことができます。新築のマンションなので耐震性などに優れているのはもちろん、最上階には居住者が使用できるラウンジが合ったり、図書室や談話ができるロビーのスペースなど、快適に住める設備が整ったりしているのも良いです。

プライベートな空間だけでなく、共有スペースが充実しているのも素晴らしいです。一般的なマンションよりも家賃は高めに設定されていますが、金額に見合った居心地の良さを実感できています。

セキュリティがしっかりしています【エステティシャン30代】

女の一人暮らしは何かと物騒なので、セキュリティがしっかりしていることを第一に選びました。低層階は泥棒に入られるリスクが高いと聞いたので、12階建ての9階の部屋を借りています。

マンションのエントランスも、住人用とゲスト用に分かれており、不審者が入れないような作りになっているのも安心です。友達が遊びに来た時も、エントランスに直結したインターホンで確認してからマンションに入ってもらうことができます。

もちろん管理費を払っているからなのですが、マンションのロビーや廊下、エレベーター、ゴミ捨て場などは常に掃除が行き届いており、気持ちよく利用することができるのも嬉しいです。これからも、ずっと住み続けたい物件です。

立地条件が良いので便利です【公務員20代】

ずっと実家住まいでしたが、通勤に不便なので賃貸マンションに住み始めました。駅から直結しているマンションなので、朝も早起きせずに済み、今までのように通勤が苦になりません。

雨の日も駅に行くのに傘が必要ないので、荷物が減るのも嬉しいです。駅の周りにはレストランやファーストフード、ファミリーレストランなど食事の出来る場所がたくさんあり、自炊が苦手でも美味しいものが食べられる環境にあるのも便利です。

生活必需品も徒歩圏内で全て揃い、わざわざ買い物に出かける必要がなく時間を有意義に使えるようになりました。高級マンションは味気ない生活かなと心配でしたが、干渉されず気楽に住めるのが良いですね。私に合っている部屋です。

高級賃貸はトラブルフリー?

賃貸マンションというと、両隣や上階の騒音がうるさい、セキュリティ面が甘いなど、色々なトラブルがありそうなイメージですが、高級賃貸はトラブルフリーであることが多く、住人が快適に住める環境が整っています。

トラブルフリーであるのが、高級賃貸の特徴でもあり、他のマンションに比べて家賃が高く設定されている理由でもあります。では、一般的なマンションと比べて、どのような面において異なるのか、実例を挙げてみましょう。

共有スペースの管理が徹底されている

高級賃貸マンションは大型のものが多く、総戸数200戸以上のものもたくさんあります。概算すると200万円程の管理費が集まるため、共有スペースをきちんと管理することができるのです。

共有スペースとしての基本的な設備以外に、住人専用のフィットネスルームやプール、パーティールームなどが作られているところもあり、常にきちんと整備されています。

また、コンシェルジュが常駐しているマンションもあります。どんな共有スペースがあるかで、マンション選びをする人もいるぐらいです。しかし、共有スペースが充実しているほど、管理費が高い傾向があるため、自分に必要のない施設がある場合は、少し損に感じることでしょう。

建物の作りが他の物件と違う

高級賃貸マンションは、高い家賃をとるだけあり、他の物件とは違う作りになっています。まず、マンション住まいにおいて最もストレスとなる騒音を防ぐため、遮音性の高い作りとなっています。

重量衝撃音や軽量衝撃音を防ぐため、遮音等級の高い構造となっているほか、外部からの騒音対策として戸境壁が厚いのも特徴です。高層のマンションも多く、耐震性においても万全の作りになっています。

また、キッチンはIHヒーターやディスポーザー、食器洗い乾燥機など、便利な設備が整った作りとなっているのが一般的です。セキュリティ面においても、オートロックシステムや防犯カメラ、24時間オンラインセキュリティなど、万全な状態となっています。

高級賃貸を扱う不動産会社のココがスゴイ!

高級賃貸を扱う不動産会社は、顧客のニーズに合わせた物件を用意するために、様々な企業努力を行っています。

多くの不動産会社はWEB上で物件の情報を公開していますが、自社の顧客にのみ公開する特別な物件があるなど、独自のサービスを展開しているところもあります。

扱っている物件は、50万円から200万円ほどの家賃のものとなり、メリットだけでなくデメリットも教えてくれるなど、対応力やリサーチ力に優れているのが特徴です。

対応力

高級物件を扱う不動産会社は、エグゼクティブクラスの顧客をターゲットとしており、ニーズに合わせた対応を行ってくれるのが特徴となります。

高級賃貸物件を求める顧客の多くは、周辺環境や間取りなどにも大きく注文を付けることが多いですが、短期間でニーズに見合った物件を見つけてくれる対応力があります。対面での接客はもちろん、電話やメール上でも丁寧な対応をしてくれるので、気持ちよく、迅速に物件が決められるでしょう。

物件情報を豊富に持っているだけではなく、アップデートした情報を把握しているため、世帯主の仕事場だけでなく、学校などへの通いやすさも考慮して提案してくれるなども期待できます。満足度の高い対応が得られます。

リサーチ力

高級賃貸を扱う不動産会社は、得意とするエリアのリサーチ力が高く、どのような設備が整っているかなどの建物自体の魅力だけでなく、周辺環境や住人なども含めた情報を提供してくれます。

高級マンションを希望する人の多くは、こだわりを持ったライフスタイルを贈りたいと考える人が多く、それらの要望にぴったり合う物件をリサーチし、提案してくれるのです。不動産業界において、どのような物件が人気を集めているのかなども常に把握しており、よりアップデートされた情報を入手することが可能です。

不動産物件のポータブルサイトなどには載っていない情報も独自に持っていることが多く、耳寄りな物件を提供してくれることが期待できるのです。

物件選びの前に知っておきたい不動産会社の選び方

一つの物件を複数の不動産会社が扱っていることが多いため、どの会社を利用したら良いのかわからないという人も少なくありません。

不動産会社選びに迷ったら、複数の会社に依頼して内覧を行いましょう。この時に物件の内装や設備を見極めることももちろん大切ですが、担当者の態度に注目します。

近年は物件契約を結んだらそれで終わりというわけではなく、管理会社も兼業しているところが多いため入居後にも不動産会社との付き合いが続くケースが多いです。担当者と相性が悪ければ付き合いを続けていくことが苦痛となってしまうため、親身になって相談に乗ってくれる相性のいい担当者のいる不動産会社と契約を結びましょう。

また、不動産会社では物件の購入もできますが、入居目的以外にも不動産投資のための物件を探すこともできます。東京では不動産投資を専門とした不動産会社がたくさんあるので、投資目的なら専門の会社を探すといいでしょう。

実績の多い不動産会社に相談すると、失敗する可能性が低くなるので安心です。投資を行う際にも、担当者と実際に話してみて、信頼に足るか否かを確認しておくことが大切です。

1.高級賃貸をたくさん扱っているか

相性のいい担当者を見つけることができたら、取扱い物件数に注目しましょう。物件数が多いということは、それだけその土地で顔が利くということです。もしも1件物件を紹介してもらって気に入らなかったとしても、すぐに他の物件を紹介するといったスピーディーな対応が期待できるので、取扱い物件数の多い不動産会社を利用するといいでしょう。

また、一般的な物件だけでなく、高級マンションなどの高級賃貸をたくさん扱っているかといった点も併せてチェックしておいてください。

高級賃貸のオーナーは、信頼できる不動産会社にしか物件を任せません。高級賃貸をたくさん扱っている会社は、それだけ多くのオーナーから信頼を得ているということなので、物件の質にも注目しましょう。反対に安い物件だけを扱っている会社は、オーナーからいくらか謝礼をもらって物件を紹介している可能性が高いので注意が必要です。

2.希望エリアの知識が豊富か

物件を選ぶ際には、物件の中だけでなく周辺環境もチェックする必要があります。入居前に周辺環境の情報を得るには、不動産会社に相談する他ありません。

希望エリアの知識が乏しい不動産会社では得られる情報が少なく、入居後に思わぬトラブルに悩まされることになるかもしれません。大手不動産会社を選ぶことも大切ですが、極力希望エリアに精通している不動産会社を選びましょう。

また、希望エリアに精通している不動産会社であれば、非公開の良物件を持っている可能性があります。ホームページには掲載していないような良い物件を紹介してもらえることもあるので、内覧の際に希望エリアの情報をどれだけ持っているかといった店に注目して、顔の広い不動産会社を選んでください。

同じ会社でも担当者によって当たりハズレがあるので、会社の情報だけでなく担当者の資質を見極めることも大切だといえます。

3.信頼できる担当者はいるか

不動産会社には、全国規模で店舗を構えている大手から、地域密着型の小規模な会社まで複数存在します。しかし、どんな不動産会社を選ぼうとも、最終的には担当次第です。どんなに大手の不動産会社でも、担当者がやる気のない人では希望の条件に合った物件に出会うことは難しいでしょう。反対に、地域密着型の小さな不動産会社でも、担当者が熱心であれば、大きなサポートを得て期待以上の良物件に出会えるかもしれません。

今の時代、インターネットを使えば物件自体は自力で見つけることもできます。しかし、内覧や契約となれば嫌でも不動産会社の担当者と付き合わなければなりません。

不動産会社を選ぶ際には、複数の会社で内覧をして、気に入った担当者のいる不動産会社と契約を結びましょう。担当者が気に入らなければ、別の担当者と変わってもらうというのも一つの手です。

4.物件のマイナスな点を教えてくれるか

不動産会社としては、当然契約を結ばなければ利益は生まれないので、顧客には早く入居を決断してほしいものです。そのため、利益を重視する会社の担当者は、物件のマイナス面を隠してメリットばかり伝えるという特徴があります。

内覧をしている時に、担当者から伝えられる情報に注目してみましょう。あまりに良いことばかりをいう担当者は、利益を優先して顧客のことを考えていない可能性が高いといえます。デメリットについてもきちんと説明してくれる担当者を探しましょう。

顧客から聞かれて初めてマイナス面を明かすのではなく、自ら進んでマイナス点を教えてくれるような担当者は良心的であるといえるでしょう。顧客との関係を何より重視している証拠なので、入居後にも強力なサポートが期待できます。物件や周辺環境について、正直に話してくれる担当者を探してください。

5.無理矢理契約に持ち込もうとしない

全国に不動産会社はたくさん存在しますが、残念ながらその全てが善良であるとはいえません。利益優先の不動産会社は是が非でも契約を結びたいと考えています。

どの会社も利益を重視しているといえますが、悪質な会社の場合は虚偽の情報を顧客に与えて契約に結びつけようとするので、顧客側にもある程度の知識が必要となります。不動産会社が信用できるかわからない場合には、内覧を行う前に不動産会社についてリサーチしたり、自力でその土地の平均家賃相場を調べたりしておくと良いでしょう。

どの不動産会社も、すぐに決断を下さずとも、一日程度は契約を待ってくれるものです。今すぐに契約を結ぶよう強く促すような会社は利益優先である可能性が高いので、注意してください。

もちろん、他に入居希望者がいるため契約を待てないという場合もありますが、慌てて契約を結んでしまってはもう取り消すことはできません。内覧を行って僅かでも考える時間を与えてくれないような会社は、一度断って冷静になる必要があります。

過大広告を打ち出している不動産会社には注意!

近年は敷金や礼金が無料という物件が増えてきました。入居希望者からみればとても魅力的な言葉に思えますが、礼金がなければ不動産会社には収益が入ってきません。

礼金を受け取らない物件に関しては、物件オーナーから謝礼をもらって利益を生み出している可能性が高いです。本当はデメリットが有るような物件も、良物件として紹介している可能性があるので、注意が必要です。

すべての物件が危険だというわけではありませんが、敷金や礼金が無料と広告されている物件への入居を考えている方は、必ず内覧を行って自分の目で物件の真価を見極めましょう。

また、悪質な不動産会社は、虚偽の内容で広告を掲載していることもあります。その土地の家賃相場を調べて、変に安すぎる物件には何かデメリットがあると考えて避けるように心掛けましょう。

住居は長く付き合っていくものです。敷金や礼金の有無や家賃の安さに惑わされずに、自身が長く快適に暮らせる住居であるかしっかりと確認してから入居してください。

賃料が安すぎる高級賃貸は避けよう

憧れの高級賃貸が格安賃料で入居者を募集していたら、誰もが飛びつきたくなるものです。しかし、家賃が相場より大きく下回っているということは、何らかの問題があるという証拠です。すぐに飛びつかずに、契約前に入念に物件をチェックしましょう。

家賃が安い物件というのは、大抵物件そのものに問題があります。例えば、前の住人が亡くなった事故物件の場合や、築年数が古い、お風呂がついていないなど、暮らしていく上で何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。

また、物件そのものに問題がなくとも、周辺環境に住みにくい原因があると考えられます。建物の裏に土砂崩れの起きやすい掛けが合ったり、複合施設が近いため道路が常に渋滞していたりするなど、周辺環境に問題がある場合もあります。不動産会社によく話を聞いて、危険な物件は避けるように注意しましょう。

極稀ですが、良物件でも早く入居してほしいという理由から家賃を引き下げていることもあります。落とし穴もあれば単に当たり物件である可能性もあるので、自身の目できちんと確かめることが大切だといえます。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものです。掲載情報の価格やサービスなど詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ