【注目】東京ベイエリアの高級賃貸特集

豊洲、月島、勝どき、そして汐留といった東京ベイエリアに所在する高級賃貸物件をピックアップしてご紹介します。

【豊洲・月島・勝どき・汐留】ベイエリアに立ち並ぶ、高級賃貸マンションをチェック

汐留や豊洲をはじめとする東京湾沿いのエリア、いわゆる「東京ベイエリア」にはタワーマンションが数多く建っています。

東京湾を望むオーシャンビューや、レインボーブリッジのある夜景などは極上の眺望。ホテルレベルのハイグレードなマンションが立ち並ぶ、高級賃貸エリアです。

東京ベイエリアの高級賃貸マンション

各エリアの代表的な高級賃貸マンションをご紹介していきたいと思います。いずれも、ベイエリアにふさわしいラグジュアリィな高層タワーマンションです。

キャピタルゲートプレイス ザ・タワー

キャピタルゲートプレイス ザ・タワーのイメージ画像月島エリアで待望されていた、駅直結型の大型ハイグレードマンション。ザ・タワーのブランドに恥じない、立地、グレード、設備のすべてにおいてトップクラスの高級マンションとなっている。マンション環境性能表示では、すべてのカテゴリにおいて最高評価を得ている。

【賃料目安】174,000円~375,000円

ラ・トゥール汐留

ラ・トゥール汐留のイメージ画像東京湾を望む、56階建ての高層賃貸。すべての住戸が45階以上にあり、東京湾や浜離宮を一望するその眺めは極上と言うほかない。内装、設備などのグレードもほかのマンションの追随を許さぬトップクラスのもの。ラ・トゥールのブランドを象徴する高級マンションのひとつ。

【賃料目安】675,000円~1,178,000円

ニチレイ東銀座レジデンス

ニチレイ東銀座レジデンスのイメージ画像人気の高い銀座エリアの中でも注目のハイグレードマンション。隅田川のリバーサイドマンションとしても知られており、開放感のある立地が好まれている。1991年の竣工ではあるが、リノベーション済みなのでより美しい内装となっている。

【賃料目安】300,000円~385,000円

ザ豊洲タワー

ザ豊洲タワーのイメージ画像豊洲駅から徒歩6分という好立地。フィットネスジムやスカイデッキはもちろんのこと、キッズスクウェアやライブラリーといった共用設備の充実度も人気の理由。ららぽーと豊洲やユナイテッド・シネマ豊洲などのレジャー施設も徒歩圏であり、文化的にも豊かな暮らしを得ることができる。

【賃料目安】240,000円~550,000円

東京ベイエリアの特徴

最後に、それぞれのエリアの概要をご紹介していきます。埋立地ということもあり、耐震性を考慮したマンションが多く並びます。耐震性能もチェックしながら物件選びをするとよいでしょう。

豊洲

大規模再開発が進み、一気にその価値が高まった豊洲。もっとも有名な再開発エリアであるアーバンドックには、ららぽーと豊洲やパークシティ豊洲があり、多くの人が行き交います。

象徴的なマンションには、パークシティ豊洲のほかシティタワーズ豊洲が挙げられます。築地市場の移転先になることが決まっているため、より多くの人口が流入することが予想されています。

月島

ベイエリアでありながら、比較的下町の雰囲気を残しています。もんじゃ焼きでも有名ですね。もともとは重工業地帯で、工場や商店が多かった地域。その一方で、最近ではタワーマンションが数多く立ち並ぶようになり、新旧が共存する珍しい街並みとなっています。

勝どき

隅田川河口の砂州を埋め立てて作られた人工島が勝どきエリア。月島、晴海とともに造成されたエリアです。2000年に都営大江戸線が開通してからは、一気に再開発・タワーマンションの建設が進みました。晴海アイランド トリトンスクエアをはじめ、勝どきビュータワーなど、相次いで高層マンションが建てられています。

汐留

1990年代後半から再開発の始まった汐留エリア。2004年に超高層オフィスビルが建ち、汐留シオサイトと呼ばれる巨大複合都市として生まれ変わりました。

現在では電通本社、日本テレビ、ソフトバンクなどの大企業がオフィスを構えるほか、東京ツインパークスなどの高級マンションが立ち並び、東京の観光名所となっています。

もちろん新橋や銀座といった経済の中心地へのアクセスに優れているので、利便性も抜群です。羽田空港からもアクセスしやすく、アジア地域の企業を誘致するプロジェクトの「アジアヘッドクォーター特区」にも指定されています。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものです。掲載情報の価格やサービスなど詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ