資産価値の高い高級不動産の選び方

不動産投資で高級物件の購入を考えている方のための、資産価値の高い物件を選ぶポイントをまとめています。

不動産価格に見合った、本当に価値のある高級物件を選ぶには

不動産投資は、価値の高い不動産をできるだけ安い価格で購入することが原則です。将来不動産価格が上がる、あるいは下がりにくいものを、妥当な、あるいはそれより安く購入出来れば、不動産投資の成功は近くなります。

価値の高い不動産は、大きな賃料収入をもたらします。価値の高い物件であればそれだけ借り手が途切れず、安定した収入のもとになるのです。ここでは、安定した賃料収入が得られ、売却時にも高い価値を保ってくれるような、資産価値の高い高級マンションの選び方を解説していきます。

価値の高いマンションとは?

タワーマンション群不動産投資における収入イコール入居者の賃料です。つまり借り手が集まる物件こそ、価値がある物件なのです。

たとえば、青山・赤坂・麻布を指す『3A』と呼ばれる高級住宅街。これらは利便性のよい都心にあり、これ以上ない立地と言えます。それでいて、都会の喧騒から離れた静かさがあるため、住居として最高の条件を満たしています。

こうした物件は入居抽選がある場合も珍しくなく、常に高い入居率を誇っています。高級物件の入居者が求めているものは、「立地・利便性」「閑静な環境」に集約されます。

入居率が高く一人あたりの家賃収入も高い高級マンションは、理想的な投資先なのです。

物件の広さと眺望にも注目

眺望のいいタワーマンションイメージ立地や環境が整備された不動産でも、ゆったりとした広さのあるマンションは意外に少ないようです。土地不足の東京で、さらに人気エリアともなれば、住居の大きさは自然と小さくなってしまいます。1戸当たりの専有面積が大きい、広さのある物件は特に価値が高いと言えます。

さらに高級マンションの付加価値として見逃せないのが眺望です。都心にあって、大都市である東京を一望できる眺望は、エグゼクティヴ層が持つべきステータスのひとつ。高層タワーマンションが人気を集めているのにも、そうした理由が考えられます。

3Aエリアを離れても同じことが言えます。城南五山と呼ばれる池田山、島津山、八つ山、御殿山、花房山という5つのエリアは都内屈指の高級住宅街ですが、いずれも高台にあり、まわりの建物に邪魔されない広々とした眺めが広がります。

また、高層マンションだけでなく、「第一種低層住居専用地域」に指定されているエリアにも注目です。城南五山のほかに、白金台、田園調布、上目黒などにあるこれらの地域は、建物の高さは10mほどに制限されているため、3階建ての低層マンションが限界。しかも容積率・建ぺい率が厳しいため、建物の密集度が低く、緑に囲まれた美しい街がつくられています。これらのエリアも同様に、眺望に優れています。

用途地域の境界線には注意!

ただし、第一種低層住居専用地域であっても、その境界線の近くは注意が必要です。

境界線の向こうは中高層地域や商業地域に指定されています。これらの地域は高さや大きさのある建物を建てることができるため、景観が壊されてしまう可能性があります。いま周りに建物がなくても、将来大きな建物が建つ可能性があるのです。

もちろん都心地域でも同様に注意が必要です。いま眺めがよくても、隣に大きな建物が立ってしまえば価値は大きく下がります。眺望の価値が下がるリスクを回避するためには、周囲にどのような建物が立つ可能性があるのか理解しておく必要があります。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものです。掲載情報の価格やサービスなど詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。

ページの先頭へ